第二巻「たった一言で」【1〜9部】



掲載作品ハッピー賞

「明日は今日より、よくなるから」…山口県 氏名:きゅうさん

看護師として働きだして一年目。
私は、学生時代に考えていた理想の看護と、現実にしなければならない業務の違いに毎日悩んでいました。業務の多さについていけず、そのことをなかなか周りに相談できずにいました。そんな時、仲良くなった患者さんに「最近何だか元気ないようにみえるよ。やっぱり看護師さんって疲れるんだろうね。」と言われてしまい、私はつい自分の悩みをその患者さんにポロッとこぼしてしまいました。そうすると、

「明日は今日より、よくなるからね。 前向きに生きないと人生もったいないよ。」

と言われ、はっとしました。患者さんが病気を治すお手伝いをする立場の自分が、逆に心配をかけてはいけない。もっと前向きに自分のできることを精一杯しよう。
それから5年が経ち、私は今もその言葉を胸に、看護師を続けています。



掲載作品ハートフル賞

「僕の心臓をお母さんにあげる!」…愛媛県 氏名:岩城さん

何もかもがうまくいかず心身ともに疲れはて死にたいとすら考えていた頃、当時5歳の息子に「もしお母さんが死んじゃったらどうする?」と聞いた時、息子はニコニコしながら「お母さんが死んじゃったら僕の心臓をお母さんにあげる! そしたらお母さん生き返るでしょ?」と答えるので「心臓をお母さんにくれたらハル君(息子)が死んじゃうよ?」と聞くと、息子はまっすぐ私を見つめながら
「いいよ!だってどうせ僕お母さんがいなきゃ生きてけないもん! だからお母さんに僕の心臓をあげるの!」と…やられました(涙)
色々辛い事があってもこの子のために絶対生きなければ…いや、何があってもこの子がいれば生きていける!と思いました。今でも思い出すと涙が出てくる言葉です。
販売価格
770円(内税)
購入数